ダイエットするならまずこれ!食事の基本。

みなさんこんにちはmakotoです。

ダイエットをしたいと考えている人。「やせたいけど、食事はどのくらい制限したらいいの?わたしは太りやすい体質だけど大丈夫?リバウンドはしたくない。運動は苦手なんだよな~。ダイエット食品はどれをえらんだらいいの?」

そんな方に今回はこれだけやっておけばダイエットだけじゃなく、健康にもなれる食事の基本を教えます。

 

これを意識してするだけ!

方法はいたってシンプルです。一切むずかしくありません。信号の色「赤・黄・緑」を意識しながら食べる。

これだけです。

これを聞いてピーンときた人もいるのではないでしょうか?40代前半から下の人なら全員、幼稚園、保育園、小学校で教えてもらっているはずです。「えっそんなはずはない知らないよ」って方は下の図をみてください。

ソース画像を表示

 

みたことありますよね。

これをうまく使えることができれば、ダイエットの5割は完成したものも同然です。しかもリバウンドはしません。でも、この使い方、園児や小学生が知っているのに、使い方の意味を本当に理解している大人は少ないように思います。大部分の人はダイエットをするのに、ここが抜け落ちているので失敗しているのです。

 

色の意味を知ろう

では実際に色の意味を理解しましょう。上の図をみながら読んでください。

赤の食品は肉類、魚介類、卵 乳製品などです。いわゆるタンパク質。おもに体をつくるもとの食品です。

黄色の食品はごはん、パン、麺類、芋類、油脂類(バター、植物油、ラード等)などです。いわゆる糖質、脂質。おもにエネルギーのもとになる食品です。

緑色の食品は野菜類、海藻類、果物類などです。いわゆるビタミン、ミネラル。おもに体の調子を整える食品です。

上の3つはよく車に例えられます。

栄養の働きは車を動かすメカニズムと同じ

 

https://www.meiji.co.jp/meiji-eiyoucare/knowledge

どうですか?上の画像をみるとわかりやすいですね。

どれかひとつでもなくなったら車は動きません。人間もこの3つの色がうまく組み合っていることで、元気で健康にすごすことができます。

 

色の組み合わせ

色の意味が理解できたところで、実際に組み合わせてみましょう。

まず、3つの色の割合です。器の数で表します。

赤1器:黄1器:緑1~2器

です。赤なら肉、魚、卵料理1皿、黄はごはんやどんぶり、麺類なら1杯、パンなら1枚、1個。緑は野菜料理や果物を小鉢で2鉢って感じになります。実際の一食分の例をみてみましょう。

<家庭で料理をする方>

・・・ごはん1膳   ・・・さんまの塩焼き1皿   ・・・ほうれん草の和え物1鉢、きのこの味噌汁1杯

・・・食パン1枚、バター   ・・・目玉焼き1つ、ハム1枚   ・・・サラダ少量、りんご1/4

<外食>

・・・ハンバーガー1個   ・・・ナゲット1盛   ・・・サラダ1皿or野菜ジュース1本

・・・チャーハン1皿   ・・・から揚げ1皿    ・・・八宝菜1皿

<コンビニ>

・・・パン1個    ・・・サラダチキン1個   :冷凍フルーツ

・・・おにぎり1ケ   ・・・味付け卵1個   :サラダ1袋

<お惣菜>

・・・ちらし寿司1P   ・・・焼き鳥1皿   ・・・白和え1鉢

・・・やきそば1皿   ・・・卵焼き2切れ   ・・・きゅうりの酢の物1鉢

どうでしょう。だいたい意識できてきたでしょうか?

外食、コンビニはなかなかうまくそろえるのが困難ですね。上の組み合わせでもダイエットには無理がある内容です。ですのでやはり自分で作れるのなら自分で作る。むずかしい場合はせめて中食(お惣菜)でうまく組み合わせることが必要です。どうしても外食やコンビニですませないといけないときは、上記のようにとりあえず3つの色を意識して選ぶと最低限の食事内容にはなります。

 

ひとつの器の量は?

頭のいい人はすでに気づいているでしょう。器の数で量を表していたけど器の量が多かったら意味ないんじゃない?と・・・その通りです。あまり細かく言ってもわかりづらいと思いますのでだいたいの目安を教えます。どれも1食分の量です。

黄色の食材

ごはん・・・にぎりこぶし1つ分   パン・・・6枚切り1枚分    麺類・・・並盛

赤色の食材

肉類、魚介類・・・手のひらにのる大きさ   卵・・・1個

緑色の食材

野菜・・・にぎりこぶし1つ分     果物:みかん一つ分

すごくおおざっぱですがこれくらいを意識して食べると少なすぎず、多すぎず摂れると思います。あとは自分の体の状態(体重、満腹感、疲労感など)をみて調整してもらえばと思います。

 

まとめ

どうですか?簡単に出来そうでしょう。これができたら、正月太りなども1か月で解消です。でも、なかなかできてない人が多いんだよな~。毎日3食はなかなか大変です。

僕は子供のころから、食事のバランスについて親から厳しく育てられました。そして、部活の顧問からも食事の摂り方は厳しく指導されていました。ですので、いつでも食事をみたら、この3つの色が頭に浮かびます。

さきほど、この3つの色は保育園、幼稚園、小学校で教えてもらってるといいました。なぜこんな小さいころから教えるのでしょう?それは、「一番大切な食事の基本」だからです。この基本ができてないと何をやってもダイエットには失敗します。ダイエットはこの基本の応用です。足し算、引き算、割り算、かけ算ができないと因数分解ができないのと一緒です。

僕が働いている職場にも、これができていない人を多く見受けます。ごはんの代わりにプロテイン飲料。糖質カット食品などなど・・・で、結果はあまり効果がみられないか、無理なダイエットで痩せているけど、痩せコケてツヤやハリまで失ってかえって残念な人になっている。いや、ホントに多く見かけます。。。

まずは、3つの色をしっかり理解すること。

 赤の食品:肉類、魚介類、卵 乳製品。いわゆるタンパク質。おもに体をつくるもとの食品。

 黄色の食品:ごはん、パン、麺類、芋類、油脂類(バター、植物油、ラード等)。いわゆる糖質、脂質。おもにエネルギーのもとになる食品。

 緑色の食品:野菜類、海藻類、果物類。いわゆるビタミン、ミネラル。おもに体の調子を整える食品。

そして、理解できたら組み合わせる。

赤1器:黄1器:緑1~2器

1食分の量は、

赤:手のひら、黄:にぎりこぶし、緑:にぎりこぶし1~2皿

です。

まずダイエットは、ここから!これが、できるようになったらダイエットの5割はできたようなものです。普段の食事を見直してみましょう!!